仕事を辞めて勉強するべき?

仕事を辞めて勉強するべき?

このことには賛否両論があります。みなさんがいま置かれていう状況や年齢、将来へ向けた考え方によっても左右されることですので、慎重にも慎重をきして決めるようにしてください。

私の場合は、会社を辞めて勉強することは現実的ではありませんでした。すでに小学生になる子供もおり、無職の私も含め家族3人の生活を妻一人の収入でまかなうことはムリだったからです。

ただ、結婚はしているにしても、まだお子さんのいない方ならあり得る選択かもしれません。週3日くらいの時間の短いアルバイトをして、自分の生活費くらいはまかないながら勉強してください。社会保険労務士の試験準備はまるまる一年間がかかります。仕事を辞め一日中勉強できる環境があるとはいっても、毎日朝から晩まで勉強に集中できるわけではありません。ちょっとした仕事をする時間の使い方が、かえって勉強のリズムを作る助けになるはずです。

私が男なものですから、この話題は男性向けメッセージに偏っていますね。
それで想像力を駆使して、女性の方へ向けてもお話ししたいと思います。

あなたが独身女性で、なおかつ社会保険労務士の資格取得が絶対というのであれば、いまの会社をお辞めになる覚悟もいけないことではないと思います。特にご両親と同居の方なら、試験準備に費やす時間は1年と決めて親御さんに頼るのもいけない選択ではないと思います。有力な資格を取得することで、ご自分の将来のキャリアも開けてくるのですから。

結婚されている方は、ご主人とよく相談してみましょう。小さなお子さんがいらっしゃるにしても、家計のやりくりをすることで生活はどうにかなるのではないでしょうか?
教育機関を使って勉強するにしても、通信講座なら最良のクオリティーのものでも10万円以内で勉強できます。

社労士をとるために仕事を辞めたという話をよく聞きます。その多くの方は1年で合格して社労士をしています。もしかして、1年でとれなかった人はその時点で諦めてしまったのでしょうか?

仕事を辞めることには、ある意味『背水の陣』の感もあるかと思います。私はそう思い込むタイプの方に疑問を持つこともあります。あえて自分を追い込むことも大切かもしれませんが、そんなかたくなさでプレッシャーに潰されては元もこもありません。

会社を辞めて合格した人の中には『止むに止まない気持ちがあってそうしたが、絶対人には勧められない』、と言う人も少なくありません。

背水の陣で臨むか、気持ちをおおらかにしぶとく臨むか。時間との兼ね合いもあり、この選択は非常にデリケートな問題です。よくよく考えるようにしましょう。