横断学習とは? 何がいいのか?

横断学習とは?

受験歴が長い合格者がよく知っている勉強法

社会保険労務士試験で1度、痛恨の失敗したことがある管理人を含めて、受験歴が長い合格者がよく知っている勉強法があります。それは「横断学習」。

ほかの資格試験ではあまり聞かない名前かもしれません。しかし、社会保険労務士のように、試験科目が10前後あって、そのどれもがややこしく絡み合っているときは、これは本当に効果がありますね。

横断学習とは? 
「科目の枠を無視して、横断する学習法」、そんなニュアンスだと思ってください。
社会保険労務士の科目は、法令ごとに分かれていますね? 「労働基準法」や「労働者災害補償保険法」だとか、慣れるまでは名称を正確に覚えて区別するだけでも一苦労ですが。

テキストや参考書は当然、その法令ごとに、科目ごとに分かれています。受験者も、法令ごとに、科目ごとに、勉強していきますよね?

ところが、横断学習では2科目以上を同時並行して読むことになります。

なぜ、そんなことをするのか? 
法令および科目ごとの違いを、正確に認識するためですね。
まあ、勉強を開始して間もないころにいきなりやることではないでしょうか。
勉強をはじめたばかりのころに横断学習をやると逆効果になることもありますし。
勉強期間の前期は、各科目の基本を身につけることに専念するべきでしょう。それに異論を唱える人はあまりいないかと思われます。
しかし、慣れてきたらだんだんと混乱するようになるもの。どの法令がどうだったか……と、各法令の細かな違いが気になるようになる時期が必ずやってくるのです。横断学習はそんなときにぴったりの勉強法ですね。

社会保険労務士の横断学習のやり方は、人ぞれぞれでけっこう差があるようです。紛らわしいと思ったところを、法令ごとに抜き出して対比させながらやる人もいれば、テキストや過去問等から(時間や分量を決めて)各法令を次から次へと読み返す、解きまくるという人もいます。とにかく、各法令の違いを効率よく覚えられれば、手順はどれでもOKでしょう。