合格基準をクリアするために

合格基準をクリアするために

救済を当てにしてはダメ

社会保険労務士試験の合格率を厳しいものにしている理由のひとつが、合格基準の仕組みでしょう。毎年、この合格基準はどうなるかわかりません。といっても大きく変わってしまうわけではないのですが。

社会保険労務士試験では、毎年「70%」が合格基準の目安だといわれています。
社会保険労務士の試験問題には択一式試験と選択式試験がありますが、そのどちらでも70%を超えることが前提です。択一式試験は合計70点、選択式試験は合計40点ですから、合格基準はそれぞれ49点および28点ということになります。

※もっとも、ちょうど7割に到達すれば安泰ということはありません。それより数点少ない合格基準が示された年のほうが多いことは事実ですが、49点や28点がちょうど合格基準になった年だってありますから。
7割を少し超えるくらいの点数を獲得できたときならば、楽観してもかまわないでしょう。

それともう1点、社会保険労務士では各試験科目にも合格基準があります。択一式では各科目で4点、選択式科目では各科目で3が基準とされています。

3点や4点が基準となるということは、1点の違いで合格と不合格が露骨に分かれてしまうということです。しかも、どの科目でもその基準を余儀なくされるのですから、どの科目でも平均して点を稼ぐことが必須となります。

※これらの3点や4点という合格基準、緩和されることがかなり多いです。これは、「総合得点の合格基準」が毎年変わってしまう点と同様で、毎年どうなるか予測がつきません。それでも毎年のように、選択式試験のどこかの科目で合格基準が3点から2点に減らされていることは事実です。

しかし救済が入ることをあてにしながら勉強するようなまねは、しないほうが安全でしょう。救済がなくても合格基準を完全にクリアすることを目的にしたほうが、絶対に無難です。